工場求人に採用されるために|必要なことをチェック

  1. ホーム
  2. 第二新卒としての就職

第二新卒としての就職

履歴書

憧れの業界で働く

大学3・4年の頃といえば、大抵の人は就職活動に勤しんでいることでしょう。とはいえ、思ったように就活が進まない、志望先の企業からお祈りメールをもらってしまったなど、自分の思うように就活が進まなかったという話もよく聞かれます。そのまま自分の進路に悩み、就職を諦めたり、卒業してからさらに就職活動を続ける人もいますが、こうした人達は“新卒”に対して“既卒”と呼ばれています。既卒と言っても、近年では“第二新卒”というかたちで扱うことで新卒を対象とした求人に募集できるようになっているケースもあるため、既卒の人でも新卒として就職活動をすることは可能です。ただし、すべての企業で第二新卒制度を活用しているわけではないため、新卒を対象とした就職情報サイトだけでなく、既卒や第二新卒を対象とした就職・転職情報サイトをメインに利用することをオススメします。また、就活を自分一人で進めるのではなく、自治体の就労支援、自分が卒業した大学の就職サポート制度を利用し、つねに第三者の視点を意識しながら就活を進めたほうが良いでしょう。新卒の就職活動と異なり既卒の場合は周りに仲間がいない状態、孤独な戦いになることが多いため、自信を失ったり、モチベーションを保つのが難しいという特徴があります。こうした状態に陥らないためにも、家族や友人以外に自分を支えてくれる相手・アドバイスをくれるパートナー的存在を見つけておいたほうが良いのです。