家出と失踪の違いを知って人探しの専門業者に依頼をしよう
ロゴ

人探しのプロに依頼をすることも大事だけど家庭内環境の見直しも大事

増え続ける若者の家出

若者の失踪人数は年々増えており、それと同時に探偵への捜査依頼の件数も増えています。これにはストレス社会と呼ばれる社会の現状が大きく関係しています。

家出人と失踪者の違いとは?

持ち物を持っていくことが多い

家出は、衣類やお金など生活に必要なものを持ち出してどこかへ行ってしまうことが多いです。つまり外で数日間生活することができ、発見が遅れても生きていて健康な可能性が高いです。

何も持たない

それに対して失踪は、家に持ち物が置いてあるにもかかわらずどこかに行ってしまうことを指します。この場合は外で衣食住を調達できないので、早く見つけなければ死んでしまう可能性が高く、すぐに人探しを依頼する必要があります。

家出と失踪の違いを知って人探しの専門業者に依頼をしよう

探偵

若者が家出をする理由

家出とはすなわち現実からの逃避行動です。では何故若者が現実逃避するかというと、現実が上手くいかなかったり、人間関係のトラブルなどでストレスが溜まったりするからです。もし家庭関係が良好であれば、親に相談できますが、例えば家庭トラブルでストレスが溜まっている場合、家に逃げ場がありません。だからその他の逃避方法として家出を選ぶというわけです。

女性

家出を防ぐ方法

家出を防ぐ一番いい方法は、家庭に逃避する場所を作ってあげることです。そうすればもし若者が、職場や学校でストレスが溜まっても、逃避先は外ではなく家庭になるので、家出の必要がなくなります。なのでもし家庭内不和があるなら、早く改善した方が良いです。

日頃のコミュニケーションが大切

ストレスを溜めないことも家出を防ぐためには大切です。溜めないとは、ストレスを受けないことではなく、受けたものを発散するという意味です。ストレスを溜める若者は、一人で何でも抱え込む傾向があるので、家庭での会話を増やし、愚痴を吐いたり相談したりできる空気を作りましょう。

広告募集中